シルキークイーン

シルキークイーンのクリーム

投稿日:

シルキークイーンの全成分について

シルキークイーンの全成分は以下の通りです——

グリチルリチン酸2K、BG、1,2-ペンタンオジール、濃グリセリン、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセル、オリーブ油、植物性スクワラン、グリコシルトレハロース、水添デンプン分解物混合溶液、ステアロイルフィストスフィンゴシン、DL-PCA・Na液、PCA、水酸化Na、乳酸Na液、ビルベリー葉エキス、サクラ葉抽出液、アーティチョークエキス、カワラヨモギエキス、ビワ葉エキス、ステアリン酸POE(20)ソルビダン、軽質流動イソパラフィン、ポリアクリルアミド、POE(7)ラウリルエーテル、天然ビタミンE、フェノキシエタノール、香料、精製水

以上で分かるように、パラベン、アルコール、着色料、紫外線吸着剤、動物性原料は一切使用していません。肌に負担をかける刺激性の成分は含まれていないので、デリケートなお肌の方でも安心して使えます。

グリチルリチン酸2Kってどんな成分?

医薬部外品はサプリメントと違って有効成分の表示ができますが、シルキークイーンの場合は「グリチルリチン酸2K」がその有効成分のひとつになっています。

いかにも薬臭い名前なので、化学的に合成されたものだと勘違いする人がいるかもしれませんが、実はこの成分、甘草という植物から抽出された天然由来の物質なのです。

甘草は「カンゾウ」と読みます。地中海沿岸、オリエントを経て、中国北部にいたるユーラシア大陸全土で盛んに自生している多年草です。これだけ広範囲に分布しているだけにその繁茂パワーは凄まじく、厳しい土壌にもすぐ適応します。その生命力が太古から注目されて民間薬となり、洋の東西を問わず盛んに使用されてきました。

ギリシャ、エジプトといった地中海の古代文明でも去痰・喘息の治療に使用されたという記録が残っており、漢方でも生薬として欠かせません。緩和作用、止渇作用を備えたオールマイティーな薬草で、「甘草がないと調薬ができない」とまでいわれています。

また主要な含有成分である「グリチルリチン」が強い甘み(砂糖の50倍)を持っているため、甘味料として醤油やスナックなどによく配合されています。つまりコンビニやスーパーでお菓子を買っている人ならば、知らないうちに甘草の成分を摂取していることがありうるわけです。

こうして日本人の生活にも溶け込んでいる甘草ですが、化粧品にも幅広く成分として使われています。抗炎症、抗アレルギー作用、敏感肌の改善に効果があり、ニキビや黒ずみケアの商品には不可欠なものとなっています。

シルキークイーンが肌のデリケートな人でも使えるのは、このグリチルリチン酸2Kをはじめ、アーティチョークエキス、ビルベリー葉エキス、サクラ葉抽出液など、天然由来のエキスがたくさん配合されているからです。

シルキークイーンの使い方

シルキークイーンの標準的な使用量は2プッシュ。500円玉くらいの大きさです。これを1日2回、朝と夜に塗って下さい。

非常に手軽なので、何かと忙しい朝でも簡単にケアできるでしょう。

夜の場合は、入浴直後がベストタイミング。肌に成分が浸透しやすくなり、効果がアップします。

-シルキークイーン

Copyright© 『本当に効いた!シルキークイーンの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.